オモロ無料ゲーム

登録不要のおもしろゲーム集。無料ゲーム、おもしろフラッシュゲーム、ミニゲームなどを紹介してます!
管理者ページ 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このゲームの感想を書く

MATHMAN

昔なつかしのゲームウォッチのような雰囲気の画面で遊ぶ計算ゲームです。
最初に画面右上の「EASY」か「HARD」をクリックしてゲーム開始。
計算問題が成立するように空欄に「+」「-」「×」「÷」のどれかを選択します。
1問ごとに制限時間があり、時間内で問題を解いていきます。
間違えたり制限時間内に答えられれないとゲームオーバー。
ゲームオーバーになるまでに何問解けるかを競いましょう。


このゲームの感想を書く
スポンサーサイト

キューカンバーグリーン

画面右側から流れてくる数字が素数かそうでないかを
見極めるゲームです。
素数だと思えば青いボタンを、違うと思えば赤いボタンをクリックします。
間違えてしまったり、流れてくる数字が左端まで来てしまうとゲームオーバー。
(素数は「1」と自身でしか割り切れない数のこと)


このゲームの感想を書く

ドリルアタック

数式の答えを入力して、
迫りくる隕石を打ち壊していく計算ゲームです。
数字を入力してスペースキーかエンターキーを押すと、
弾を発射して隕石を壊します。
弾数は5発あり、5回間違えてしまうと隕石にぶつかりパワーが減ります。
3回ぶつかってしまうとゲームオーバー。
最初に「たし算+引き算」「掛け算」「割り算」から選択できます。


このゲームの感想を書く

素数ホッケーゲーム

画面右に一覧表示されている168個の素数をいくつ
ゲットできるかを競う計算ゲームです。
「素数」とは、1とその数自身のみでしか割ることができない数のこと。
次々に落ちてくる1000までの自然数のうち、
素数は打たずに画面下まで落とすとゲットでき、
ゲットした数字は赤くなります。
素数ではない数字は打ち返していくことで分解されていきます。
3桁になると瞬時に見極めるのがなかなか難しいですね。
というか2桁でも間違えたりしてますが。。


このゲームの感想を書く

Genius Or Dork

3つのゲームを順番にこなして、
最後に脳ランクを判定する脳トレゲームです。
・1番目は赤い四角の数を数えて入力
・2番目は計算問題の答えを入力
・3番目は表示された色を選択
というゲーム内容になっています。
すべてが終了すると得点とランクが数字で表示されます。


このゲームの感想を書く

くるピタ3D

ランダムに表示されるいろいろな形の立体ブロックを
回転させて、後ろ側にある「影」の形にぴったり
当てはめていく図形パズルゲームです。
ブロックはマウスドラッグかカーソルキーで回転します。
Z、Xキーを押すと、それぞれ時計回り、反時計回りに回ります。
全5ステージ。


このゲームの感想を書く

Fat Slice 2

マウスドラッグで図形を切り落としていくゲームです。
浮遊している白い球や白い線の部分は切り落とせないので、
それらの障害物を避けながらうまくカットしていきましょう。
一定量(画面上のゲージ)をカットすることができたらステージクリアです。
Rキーでリスタートできます。


このゲームの感想を書く

ドリルウォーズ-足し算・引き算

足し算や引き算の計算をして、
宇宙帝国のUFO艦隊を撃退していくゲームです。
迫ってくるUFOそれぞれに計算式が書かれているので、
画面下の数字をクリックして正解の数を入力し、
最後に「発射」をクリックします。
正解なら弾を発射し、敵を倒すことができます。
1問で3回間違えたり、時間切れになったりすると
攻撃を受け、3回受けるとでゲームオーバーです。


このゲームの感想を書く

暗算トレーニング

足したら指定された数字になるように、
ブロックを積み重ねて消していくゲームです。
ブロックにはそれぞれ数字が書かれています。
縦横に指定された数字が表示されているので、
ブロックを積み重ねたときに、隣り合う縦・横の
数字を足して、その数になっていれば消すことができます。
楽しみながら暗算力を鍛えられそうですね。。


このゲームの感想を書く

推理25ます計算

25マスに表示されている数字をヒントに、
上と右側の空欄のマス10個に入る数字を当てていくパズルゲームです。
ただし、マスに表示されている数字はそれぞれ「1の位」もしくは「10の位」
のどちらかの数字が隠されています。数字はマウスドラッグで移動。
最初にスコアを1000ポイント持ってます。
1秒ごとに1点減っていき、残ったスコアをゲットできます。


このゲームの感想を書く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。